HOME>ホットトピックス>皮膚科で治療する病気の種類と保険適用でない病気について確認しよう

診療の際の料金を確認しよう

日本の皮膚科などの病院では、保険が適用されて診療料金が決まります。その際に、初診と再診では、どのように料金になるか、その相場を確認してみてください。

皮膚科の診療料金

初診の場合

初めて皮膚科などの病院に受診すると、定まった病院の診療時間内だと2,820円かかります。しかし、時間外になると、初診料プラス時間外で加算されて3,670円かかるので気を付けないといけませんよ。また、6歳未満だと基本的に3,570円かかり、時間外の受診で5,570円かかるでしょう。

再診の場合

二回目以降の皮膚科などの病院受診だと、6歳以上で720円が診療時間内でかかる料金になります。診療時間外では1,370円かかるようです。そして、6歳以上だと診療時間内で1,100円かかり、時間外で約2,450円かかります。初診の時と比べてみると、大幅に支払う料金が安くなるでしょう。

皮膚科で治療する病気の種類と保険適用でない病気について確認しよう

医者たち

皮膚科で治療する病気について

皮膚科は、内科や耳鼻科などの様に風邪などの病気で行くことがなく、滅多にいかない方も多いでしょう。ただ、そんな皮膚科では、以下の病気の治療が受けられるようです。例えば、アトピー性皮膚炎やじんましん・あせも・かぶれなどの湿疹や皮膚炎は、普段の生活でも起こりうる症状になります。これらの症状で皮膚科に受診する方がたくさんいて、治療を行っているようです。また、ニキビや水虫などの感染症も皮膚科で治療が可能になります。他にもいぼ・ヘルペスなどのウイルス感染症も皮膚科で対応してくれますよ。

診察

保険の効かない治療とは?

湿疹や感染症の治療を行う皮膚科は、日本では保険に入ることでお得になるのが常識です。しかし、ある治療は保険の適用外になることもあるので注意しましょう。その保険が効かないモノは、プロペシアとも呼ばれているフィナステリド錠を処方するなどの時です。この錠剤は、男性の脱毛症に効果のあるモノになり、薄毛の進行を抑えることが出来るようです。そして、保険適用外の治療の中に、疲労に効果のあるにんにく注射や美容効果が期待されるプラセンタ注射などもあります。

病院

皮膚科で美容注射も可能に!

プラセンタ注射には、代謝を良くする効果やホルモンバランスを整える効果・免疫UP効果・若々しい肌に生まれ変われるアンチエイジング効果などがあります。その注射は美容皮膚科などで注射してくれますが、保険が効かないため注射1本で1,500円くらいかかるようです。ただ、プラセンタ注射はアレルギーを抑える効果などもあるので、美容以外の目的で注射を頼む方もいるかもしれませんね。

広告募集中