肛門科選びは口コミを参考に!

痔が発生して、肛門科に向かうケースも多々あるでしょう。下記の口コミを参考に、適した肛門科を選ぶようにしましょう。

肛門科に行った人の口コミ情報

親切な先生で良かったです

痔の手術を行ったのですが、麻酔が痛くて辛かったです。でも、手術中に先生が優しく声をかけてくれている内にあっという間に、手術が終わってました。術後も経過も大丈夫だったので、ホッとしています。

最高の環境でした

お尻に出来物が出来ている感じがして、初めて肛門科に行くことに。ネットの口コミ情報を元に、京都のとある肛門科に向かったら、痔が4つもあって驚きましたね。ただ、先生も看護師さんも丁寧に対応してくれて、痔の治療の不安も解消されました。

男女関係なく痔の治療を安心して受けられる場所です

ある朝にお尻が痛くて。肛門科を勧められて、向かうことになりました。女医さんがいる肛門科だったので、安心して診察を受けることが出来たので良かったです。

京都の肛門科で痔の治療と再発しないように対策していこう!

聴診器

痔の原因とは?

痔が発生したのは、人間が二足歩行を始めたことがきっかけのようです。その際に、おしりの血液が心臓に戻るまでに、負荷が多くかかります。それに、現代人は運動不足の方が増えて、ずっと同じ体勢で仕事をすることも多くなっていることでしょう。それらの身体的ストレスが痔になる原因だと言われています。そのため、定期的に京都などにある肛門科に通って、おしりのケアをすることが大切です。でも、おしりのケアには羞恥心が強くなってしまい、抵抗したくなるでしょう。そんな方が多いので、痔になってからやっと京都などの肛門科に来る方が少なくないのでしょうね。生活習慣病と同じように痔の対策も早め早めのケアで痔の発生を抑えることが可能です。なので、一度肛門科に受診してみることをオススメします。

診察券

様々な痔の種類と治療法

痔には、いぼ痔や切れ痔などCMで聞いたことがあるモノもあるでしょう。その他にも様々な種類があるようです。主に痔とは、肛門の周りの病気のことを言います。それに、いぼ痔にも種類があり、肛門の周りや内側に静脈などで固まったモノが発生する内痔核、肛門の周りの血管が破れたことで血が固まって腫れたり痛みが発生したりする外痔核などがあります。他にも内外痔核やかんとん痔核と呼ばれるモノもいぼ痔になるようです。この様ないぼ痔が大きくなったら、手術で除去しないといけませんが、注射で治療する方法も出てきています。また、切れ痔は医学的にも切れ痔と言い、肛門の周りが下痢や便秘で避けてしまうことで発生します。その治療は、薬物治療が基本です。ただ、切れ痔が治っても再び発生することが多くなる慢性的な状態になると、手術することになるかもしれませんよ。

広告募集中